2022年1月25日(火) ☆☆ 第8回行動科学セミナーのお知らせ☆☆

行動科学・実装科学セミナー

昨年度ご好評いただいた行動科学セミナーを今年度もシリーズ開催いたします。

オンライン開催でお申し込みのうえどなたでもご参加いただけますので、皆様のご参加をお待ちしております。

☆☆第8回行動科学セミナー☆☆

テーマACTを用いた行動変容           

講師: 大月 友 先生

        早稲田大学人間科学学術院 准教授

日時: 2022年1月25日(火) 16時00分~17時00分

開催方法: WEB会議システム(ZOOM)によるオンライン開催

参加費:無料

参加申込:こちらの参加申し込みは終了しました。

 第8回行動科学セミナーJPEG

 

講師プロフィール:

早稲田大学人間科学学術院助教、専任講師を経て、2013年より准教授。公認心理師、臨床心理士、認知行動療法師。専門は文脈的行動科学(RFTACT)で、保健医療分野、産業労働分野、教育分野で実践と研究を行ってい。著書・訳書に『アクセプタンス&コミットメント・セラピー(第2版』『ACTハンドブック』『関係フレーム理論(RFT)をまなぶ』『セラピストが10代のあなたにすすめるACTワークブック』など。

 

 

セミナー要旨:

アクセプタンス&コミットメント・セラピー/トレーニング(ACT)は、近年の行動科学をベースとした心理的支援モデルである。言葉の力を文脈的に使い分けることで行動変容を促すという、ACTの独自の考え方やアプローチについてご紹介する

 

 セミナーの録画公開について

行動科学セミナーでは、講師の許諾が得られた講演について、参加申込みをされた方に限りご視聴いただける形式で録画公開を予定しております。詳細については決まり次第お知らせいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

主催

国立がん研究センター がん対策研究所 支持・サバイバーシップ研究グループ

早稲田大学人間科学学術院

共催

J-SUPPORT(日本がん支持療法研究グループ)

N-EQUITY(健康格差是正のための実装科学ナショナルセンターコンソーシアム)

RADISH(保健医療福祉における普及と実装科学研究会: D&I科学研究会)

 

◆行動科学・実装科学セミナーの内容および今後の開催予定について

次回以降の開催予定は、当ホームページ上で改めてご案内いたします。  

添付ファイル