臨床研究ワークショップ参加要件

本年度の臨床研究ワークショップは参加申込時に新規研究プロトコールコンセプトをご提出いただく予定です。参加をご検討の皆さまはぜひ添付ファイルをご確認ください。

2018年9月7日(金) 臨床研究方法論セミナー「患者報告アウトカム(PRO)を用いた臨床研究のデザインと実践」のご案内

「患者報告アウトカム(PRO)を用いた臨床研究のデザインと実践」をテーマとして臨床研究方法論セミナーを実施いたします。
日時: 平成30年9月7日(金) 10時00分 ~ 17時30分
場所: 国立がん研究センター新研究棟1階セミナールームA, B
定員: 150名
費用: アカデミア・医療関係者:7,000円 一般・企業:10,000円

2018年9月20日(木) 第1回サイコオンコロジストのための臨床研究コース

臨床研究のデザイン、臨床研究の実際についての講義と小グループによるコンセプト作成の演習を行います。
 講師陣が科研費やAMEDなどの競争的資金の獲得まで継続的に全力で支援します。奮ってご参加ください。
日時:2018年9月20日(木) 

場所: 金沢歌劇座(http://www.kagekiza.gr.jp/)

参加費用:日本サイコオンコロジ―学会員10,000円、非学会員15,000円

PRO・QOL workshopのご案内

2018年9月1日(土) 10時00分~国立がん研究センター築地キャンパス内で実施されますPRO・QOL workshopについてご案内いたします。

PaCCSC Annual Research Forum参加とPoCoG訪問の報告

PaCCSC Annual Research Forum参加とPoCoG訪問の報告

今年も、J-SUPPORTのメンバーが、オースラリアの緩和ケア領域の多施設臨床試験グループであるPalliative Care Clinical Study Collaborative(PaCCSC)のAnnual Research Forumへの出席とUniversity of Sydneyを母体としているサイコオンコロジーの研究グループであるPsycho-Oncology Co-operative Research Group(PoCoG)に訪問致しました。

【37名参加】J-SUPPORTセミナーが盛況に終わりました

【37名参加】J-SUPPORTセミナーが盛況に終わりました

4月13日(金)第3回 J-SUPPORT Seminar「研究者が自ら管理するデータセンターの紹介とその特徴の紹介」(講師:石川秀樹先生)が行われました。37名の方にご参加いただき、盛況に終わりました。講師の石川先生ならびにご参加いただきました皆さまに感謝申し上げます。