<第2回J-SUPPORT研究成果報告会>

がんとの共生を実現するために、今、私たちができること

~支持・緩和・心理研究の最前線から~

 

概要 

日時:2020年11月3日(火・祝)13:30~17:00

開催:完全WEB開催(ZOOMシステム)

参加申し込み方法:こちらのフォームから事前登録をお願い致します↓↓

https://ws.formzu.net/fgen/S60460348/

 

第2回研究成果報告会リーフレットPDFダウンロードはこちら↓↓

第2回研究成果報告会リーフレット

 

プログラム 登壇者敬称略

13:30-13:50 挨拶

司会挨拶

総合司会:松本陽子(特定非営利活動法人愛媛がんサポートおれんじの会)

開会挨拶

島田和明(国立がん研究センター 中央病院長)

13:50-14:00 J-SUPPORT紹介

「J-SUPPORT始動から現在までの軌跡」

内富庸介(国立がん研究センター中央病院 支持療法開発部門長/J-SUPPORT代表)

14:00-14:30 セッション1(普及実装・多様性)

「統合失調症を抱える患者のがん検診:障がいの個性に合わせた多職種アプローチを考える (J-SUPPORT1901)」

進行:桜井なおみ(一般社団法人CSRプロジェクト)

発表者:藤原雅樹(岡山大学病院 精神科神経科)

共同研究者:島津太一(国立がん研究センター社会と健康研究センター/J-SUPPORT/N-EQUITY)

J-SUPPORT1901紹介ページ: 

https://www.j-support.org/study/1901/index.html

 14:30-15:00 セッション2(心理社会・サバイバーシップケア)

「がん患者さんのこころの痛み:自死から救うために私たちができること (J-SUPPORT1902)」

進行:山田富美子(特定非営利活動法人市民と共に創るホスピスケアの会)

発表者:原島沙季(東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学/国立がん研究センター社会と健康研究センター)

共同研究者:藤森麻衣子(国立がん研究センター社会と健康研究センター/J-SUPPORT)

J-SUPPORT1902紹介ページ: 

https://www.j-support.org/study/1902/index.html

15:10-15:40 セッション3(支持療法・緩和治療)

「化学放射線治療を受ける頭頸部がん患者さんに発生する放射線皮膚炎に対して、ステロイド外用薬は有効か?(J-SUPPORT1602)」

進行:前田留里(特定非営利活動法人京都ワーキング・サバイバー)

発表者:横田知哉(静岡県立静岡がんセンター 消化器内科/J-SUPPORT)

共同研究者:富永都子(静岡県立静岡がんセンター がん放射線療法認定看護師)

J-SUPPORT1602紹介ページ:

https://www.j-support.org/study/1602/index.html

 15:40-16:30 総合討論

進行:全田貞幹(国立がん研究センター東病院放射線治療科、支持・緩和研究開発支援室/J-SUPPORT)

パネラー:

野田真由美(特定非営利活動法人支えあう会「α」)

野田真記子(特定非営利活動法人がんサポートかごしま)

中釜斉(国立がん研究センター 理事長)

島田和明(国立がん研究センター 中央病院長)

大津敦(国立がん研究センター 東病院長)

内富庸介(国立がん研究センター中央病院 支持療法開発部門長/J-SUPPORT)

16:30-16:40 閉会挨拶

中釜斉(国立がん研究センター 理事長)

 

 

今後、本ページにて成果報告会情報を更新してまいります。

皆様のご参加をお待ちしております。