J-SUPPORT研究には、プロトコル審査委員会で承認された順に研究番号が割りつけられています。

登録中の研究

 

研究番号領域研究名
J-SUPPORT 1602 II 頭頸部がん放射線治療患者に発生する放射線皮膚炎に対する通常処置とステロイド外用薬を加えた処置に関するランダム化第3相比較試験
J-SUPPORT 1603 III 進行がん患者に対するスクリーニングを組み合わせた看護師主導による治療早期からの専門的緩和ケア介入プログラムの臨床的有用性を検証する無作為化比較試験
J-SUPPORT 1604 II シスプラチンを含む高度催吐性化学療法による化学療法誘発性悪心・嘔吐の予防に対する標準制吐療法+オランザピン5mgの有効性・安全性を検証する二重盲検プラセボ対照第3相ランダム化比較試験
J-SUPPORT 1605 II がん患者の周手術期精神症状に対する抑肝散の効果に対するランダム化比較試験
J-SUPPORT 1703 III

乳がん患者の再発不安・恐怖に対するスマートフォン問題解決療法および行動活性化療法の有効性:無作為割付比較試験

J-SUPPORT 1704 III

膵臓がん患者・家族と医師の協働による価値観を尊重した意思決定を促進するコミュニケーション介入プログラム臨床的有用性を検証する無作為化比較試験

登録準備中の研究

研究番号領域研究名
J-SUPPORT 1701 II マルチキナーゼ阻害薬の手足症候群に対するハイドロコロイドドレッシング使用による予防効果の検討
J-SUPPORT 1702 医療ビッグデータを用いた緩和医療の質評価および臨床課題の疫学調査方法の開発と測定

J-SUPPORT 1601

研究名 今後の見通しについての医師からの望ましい説明に関する研究
研究代表者/研究事務局/メンター 森雅紀・藤森麻衣子/松岡豊/藤森麻衣子
対象 乳がん患者
臨床試験登録  該当せず
研究費 厚生労働省科学研究費補助金(H26-がん政策-一般-002)
プロトコル論文  該当せず
成果論文  
波及効果  

J-SUPPORT 1602

研究名 頭頸部がん放射線治療患者に発生する放射線皮膚炎に対する通常処置とステロイド外用薬を加えた処置に関するランダム化第3相比較試験
研究代表者/研究事務局/メンター 全田貞幹/横田知哉/山口拓洋
対象 頭頚部がん患者
臨床試験登録  UMIN000027161
研究費 民間財団
プロトコル論文

 

 

Topical steroid versus placebo for the prevention of radiation dermatitis in head and neck cancer patients receiving chemoradiotherapy: the study protocol of J-SUPPORT 1602 (TOPICS study), a randomized double-blinded phase 3 trial.

 

Zenda S, Yamaguchi T, Yokota T, Miyaji T, Mashiko T, Tanaka M, Yonemura M, Takeno M, Okano T, Kawasaki T, Nakamori Y, Ishii S, Shimada S, Kanamaru M, Uchitomi Y.

 

BMC Cancer. 2018 Sep 6;18(1):873. doi: 10.1186/s12885-018-4763-1

 

成果論文  
波及効果  

J-SUPPORT 1603

研究名 進行がん患者に対するスクリーニングを組み合わせた看護師主導による治療早期からの専門的緩和ケア介入プログラムの臨床的有用性を検証する無作為化比較試験
研究代表者/研究事務局/メンター 松本禎久/沖崎歩/森田達也
対象 肺がん患者
臨床試験登録  UMIN000025491
研究費 平成28年度日本医療研究開発機構研究費(AMED)革新的がん医療実用化研究開発事業
プロトコル論文  
成果論文  
波及効果  

J-SUPPORT 1604

研究名 シスプラチンを含む高度催吐性化学療法による化学療法誘発性悪心・嘔吐の予防に対する標準制吐療法+オランザピン5mgの有効性・安全性を検証する二重盲検プラセボ対照第3相ランダム比較試験
研究代表者/研究事務局/メンター 安部正和・橋本浩伸/橋本浩伸/全田貞幹
対象 造血器悪性腫瘍を除く悪性腫瘍患者
臨床試験登録  UMIN000024676
研究費 平成28年度日本医療研究開発機構研究費(AMED)革新的がん医療実用化研究開発事業
プロトコル論文  Jpn J Clin Oncol. 2018 Aug 14. doi: 10.1093/jjco/hyy114.
成果論文  
波及効果  

J-SUPPORT 1605

研究名 がん患者の周手術期精神症状に対する抑肝散の効果に対するランダム化比較試験
研究代表者/研究事務局/メンター 清水研/和田佐保/山口拓洋
対象 手術時間が6時間以上の高侵襲手術を受けるがん患者
臨床試験登録  UMIN000027561
研究費 受託研究
プロトコル論文  
成果論文  
波及効果  

J-SUPPORT1701

研究名

マルチキナーゼ阻害薬の手足症候群に対するハイドロコロイドドレッシング使用による予防効果の検討

研究代表者/研究事務局/メンター 柳朝子/柳朝子/全田貞幹
対象

大腸がん・消化管間質腫瘍・肝細胞がん患者

臨床試験登録  
研究費 民間財団
プロトコル論文  
成果論文  
波及効果  

J-SUPPORT1702

研究名

 医療ビッグデータを用いた緩和医療の質評価および臨床課題の疫学調査方法の開発と測定

研究代表者/研究事務局/メンター 佐藤一樹/佐藤一樹/宮下光令
対象

全国のがん死亡者

臨床試験登録 該当せず
研究費

平成28年度日本医療研究開発機構研究費(AMED)革新的がん医療実用化研究開発事業

プロトコル論文  該当せず
成果論文  
波及効果  

J-SUPPORT1703

研究名

乳がん患者の再発不安・恐怖に対するスマートフォン問題解決療法および行動活性化療法の有効性:無作為割付比較試験

研究代表者/研究事務局/メンター  明智龍男/内田恵/内富庸介
対象

 乳がん患者

臨床試験登録  UMIN000031140
研究費

 平成29年度日本医療研究開発機構研究費(AMED)革新的がん医療実用化研究開発事業

プロトコル論文  
成果論文  
波及効果  
プロジェクトURL https://smile-project.org

J-SUPPORT1704

研究名

 膵臓がん患者・家族と医師の協働による価値観を尊重した意思決定を促進するコミュニケーション介入プログラム臨床的有用性を検証する無作為化比較試験

研究代表者/研究事務局/メンター 藤森麻衣子/佐藤綾子/松岡豊
対象

 膵臓がん患者・家族・医師

臨床試験登録  UMIN000033612
研究費

 平成29年度日本医療研究開発機構研究費(AMED)革新的がん医療実用化研究開発事業

プロトコル論文  
成果論文  
波及効果  

登録終了の研究

研究番号領域研究名
J-SUPPORT 1601 III 今後の見通しについての医師からの望ましい説明に関する研究

 

※臨床試験登録サイトに登録・公開されている臨床試験を検索することができます。ただし、登録サイトの運営母体によって日本語であったり英語であったりします。

掲載日:2016年4月1日
最終更新日:2018年5月2日