2020年2月17日(月) 行動科学セミナーのお知らせ

行動科学セミナーのお知らせ

国立がん研究センターにて行動科学セミナーが開催されます。国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターセンター長の堀越 勝 先生をお招きし、行動変容技術を含む介入の臨床研究の豊富なご経験をお話しいただきます。

開催概要

 「行動科学セミナー」

テーマ:(仮)行動変容技術を含む臨床介入

講師:堀越 勝 先生

         国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター センター長

日時: 2020年2月17日(月) 15時00分~16時00分

場所: 国立がん研究センター 研究棟7階 会議室7A・7B 

    東京都中央区築地5-1-1

費用:無料

 

堀越先生は、米国バイオラ大学大学院にて博士号(臨床心理学)取得され、米国ハーバード大学医学部 精神科上席研究員として心理学に関するご研究をされるとともに、マサチューセッツ州にてクリニカルサイコロジストのライセンスを取得され、米国ケンブリッジ病院行動医学プログラム、マサチューセッツ総合病院・マクレーン病院、強迫性障害研究所、サイバーメディシン研究所にてご勤務されたのち、筑波大学大学院講師、駿河台大学 教授、国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 研修指導部長を経て、現職。ご専門は精神療法、行動医学、精神療法の訓練などです。当日は、行動変容技術を含む介入の臨床研究の豊富なご経験をお話しいただきます。

 

主催:国立がん研究センター 社会と健康研究センター 健康支援研究部

https://www.ncc.go.jp/jp/cpub/division/health_support/index.html

共催:J-SUPPORT


 

 

添付ファイル