D&I科学研究会/第6回学術集会「デジタル予防介入とD&I科学」

D&I科学研究会/第6回学術集会「デジタル予防介入とD&I科学」

J-SUPPORT共催の学術集会をご案内します。
新型コロナウイルス感染症流行の中、さまざまなサービスのデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速が必要になっており、本学術集会は疾病の未然防止と重症化予防を含むデジタル予防介入の技術をとりあげ、その普及・実装を多面的に科学する内容となっております。
一般演題募集は5月14日、参加登録は6月30日まで。ぜひ奮ってご参加ください。

一般演題募集期間が5月21日に延期されました。

概要
D&I科学研究会/第6回学術集会「デジタル予防介入とD&I科学」

当番世話人:川上 憲人(東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野・教授)

日時:2021年7月3日(土曜日)9時30分から16時(予定)
場所:ZOOMによるWEB開催
定員:300名
参加費:無料
主な対象:エビデンスの普及と実装に興味のある研究者、教育者、医療・福祉・保健・行政関係者

【参加登録】

参加登録締切:2021年6月30日(水曜日)

参加登録はこちら↓↓ (外部サイトにリンクします)

https://forms.gle/4oT26Dx95S4Y44jGA

【一般演題募集】

応募期間:2021年4月7日(水)から2021年5月14日(金) 5月21日(金) 募集期間が延長されました
一般演題募集の詳細はこちら↓↓ (外部サイトにリンクします)
https://www.radish-japan.org/promoteResearch/academic/6thconf/ippane6.html

プログラム

プレセッション

「もういちど基礎編:D&I 研究とは何か?」
島津 太一(国立がん研究センター社会と健康研究センター行動科学研究部室長)

シンポジウム 1

「ICT を利用した慢性疾患自己管理支援システムの有用性と普及実装」
脇 嘉代(東京大学大学院医学系研究科医療情報学分野准教授)

シンポジウム 2

「デジタルメンタルヘルス介入の効果と普及・実装」
今村 幸太郎(東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野特任講師)

シンポジウム 3

「労働生産性向上を目的とした肩こり・腰痛対策支援アプリ“ポケットセラピスト” の介入効果のエビデンス」
福谷 直人(株式会社バックテック代表取締役社長)

シンポジウム 4

「介護予防を目的としたスマートフォンの活用」
島田 裕之(国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター長)

オンデマンド配信

「インターネット認知行動療法の可能性と普及実装」(予定)
Pim Cuijpers ( アムステルダム自由大学臨床心理学部教授)

一般演題


教育講演

「健康寿命の延伸に向けたデジタル・ヘルスケアの課題と政策」
稲邑 拓馬(経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業 課長)

 

学術集会の詳細・最新情報はこちら↓↓ (外部サイトにリンクします)
https://www.radish-japan.org/promoteResearch/academic/6thconf/index.html


主催
D&I科学研究会(保健医療福祉における普及と実装科学研究会):RADISH

共催(予定を含む)

東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野・精神看護学分野・健康教育・社会学分野
健康格差是正のための実装科学ナショナルセンターコンソーシアム(N-EQUITY)
日本がん支持療法研究グループ(J-SUPPORT)

添付ファイル