J-SUPPORT代表 内富庸介

J-SUPPORTの目的は、がん領域の支持療法の確立に向けて、新規治療開発および標準治療の検証、日本の風土や制度に適したサポートプログラムの検証、ならびに全国の支持療法に関するニーズの把握を行い、科学的根拠に基づいた標準的支持療法の導入・普及に向けて研究活動を行うことです。その目的を達成するために、J-SUPPORTの活動目標とその利点を紹介いたします。

 

  • 研究の企画立案段階から専門領域のメンターによる支援が受けられます。
  • J-SUPPORT会員になることで研究者間の交流、Big Studyへの橋渡しの機会を提供します。
  • ガイドライン収載や薬事承認など社会的影響を考慮した質の高い研究を実施します。
  • 品質向上のための研究基盤を提供します。
  • QOL尺度などアウトカム指標を一緒に考えます。
  • 研究の企画立案段階から 非薬物療法の効果的な導入・普及を一緒に考えます。
  • 支持療法に関するニーズの実態を把握し、優先度の高い研究課題を提案します。