第2回 J-SUPPORT臨床研究 ワークショップ

J-SUPPORTではプロトコールコンセプトを持ち寄ってブラッシュアップする研修会を予定しています。

臨床試験の経験豊富な講師による臨床試験計画~実施に関する講義に加え、参加者のコンセプトについてメンター指導のもとブラッシュアップを実施します。

ぜひJ-SUPPORT会員申し込み(無料)をお済ませの上、ご参加をご検討ください!

※前回参加者も大歓迎です!

概要

【日 時】2019年1月11日(金)PM ~ 12日(土)PM

  ※宿泊は必須ではありません

【場 所】KKRホテル熱海(静岡県熱海市春日町7-39)

http://www.kkr-atami.gr.jp/

  ※ご宿泊はJ-SUPPORTではご用意はいたしません。
  ご宿泊ホテルのご予約は各自でお願いいたします。

【人 数】20名(J-SUPPORT会員に限ります)

【参加費】1万円(1日目夕食・2日目昼食・教材費) 

 プログラム

2019年1月11日(金) 1日目

12:30~13:00    受付

13:00~13:05    開会の挨拶  

13:05~13:15    ワークショップの目的とゴールの説明  

13:15~13:35    講義① 臨床研究をデザインする:国立がん研究センター 社会と健康研究センター 健康支援研究部 部長 松岡豊  

13:40~14:00    講義② 臨床試験の質管理:静岡がんセンター 生物統計担当  盛啓太  

14:05~15:50    演習①:参加会員よりコンセプトのプレゼンテーション(1人5分)→ 参加会員によるオンライン投票  

16:05~17:30    J-SUPPORT承認研究 実践セミナー①  

17:30~18:00    演習②:ピックアップコンセプト発表・グループディスカッション(各グループ1演題)  

18:00~20:00    (休憩時間)  

18:00~20:00    J-SUPPORTメンターとの夕食会

20:30~22:00  特別演習:ディスカッション・翌日の準備  

2019年1月12日(土) 2日目

9:00~9:20  講義③ 臨床試験の円滑実施を考える:国立がん研究センター東病院 放射線治療科 医長 全田貞幹

9:25~12:00  演習③:ピックアップコンセプトのブラッシュアップ各グループ経験豊富なメンターが担当します。

12:00~13:00  J-SUPPORT承認研究 実践セミナー②(ランチョンセミナー)

13:15~15:15  演習④:「模擬ピアレビュー委員会」各グループ1題ずつプレゼンテーションを行っていただきます。

15:15~15:30  閉会の挨拶

 【J-SUPPORT実践セミナー】 J-SUPPORT承認試験についてご紹介します

J-SUPPORT1604  「シスプラチンを含む高度催吐性化学療法による化学療法誘発性悪心・嘔吐の予防に対する

標準制吐療法+オランザピン5mgの有効性・安全性を検証する二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験」

静岡県立静岡がんセンター 婦人科 医長:安部正和  

J-SUPPORT1701  「マルチキナーゼ阻害薬の手足症候群に対するハイドロコロイドドレッシング使用による予防効果の検討」

国立がん研究センター中央病院 看護部:柳朝子

 

責任者:J-SUPPORT代表 内富庸介

(国立がん研究センター中央病院支持療法開発部門 部門長)

申込方法

※J-SUPPORT会員でない方はまずJ-SUPPORT会員登録をお済ませください。

下記のファイルをダウンロードし、ご入力の上、J-SUPPORT運営事務局 supportoffice@j-support.org までメールに添付してお送りください。

コンセプトシートは介入研究を想定しておりますが、介入につながる観察研究も申込可能です。なお「研究チーム」でのご参加(1コンセプト・複数人)のご参加も歓迎いたします。

その他ご意見ご要望がございましたら、J-SUPPORT運営事務局 supportoffice@j-support.org  までご連絡ください。

研究コンセプト案テンプレート