2022年7月1日(金) ☆☆ 第3回行動科学セミナーのお知らせ☆☆

行動科学・実装科学セミナー

昨年度ご好評いただいた行動科学セミナーを今年度もシリーズ開催いたします。

オンライン開催でお申し込みのうえどなたでもご参加いただけますので、皆様のご参加をお待ちしております。

☆☆2022年度 第3回行動科学セミナー☆☆

テーマ精神障害者にもがん検診を受けてもらうための勧奨法の開発

 

講師:岡山大学病院 精神科神経科 藤原雅樹 先生

日時: 2022年7月1日(金) 16時00分~17時00分

開催方法: WEB会議システム(ZOOM)によるオンライン開催

参加費:無料

参加申込:参加申し込みはこちら ※外部サイトに移動します

【申込期限:6月30日(木曜日)正午12時まで】

※参加ID/パスワードの通知について※

お申込みフォームにご入力いただいたメールアドレスへ、6月30日(木曜日)15時以降に参加用 IDおよびパスワードをメールにてお知らせいたします。

メールが届かない場合は、お手数をおかけしますが j-supportoffice@ml.res.ncc.go.jp までご連絡ください。

 

第3回行動科学セミナー

 

 

講師プロフィール:

2006年岡山大学医学部卒業、精神科医。精神科病床を有する総合病院で主に勤務し、一般精神科診療に加えて、重度精神障害者の身体疾患治療やリエゾン医療にも従事。研究テーマは精神障害者の身体的健康。2018年より現職。

 

セミナー要旨:

精神障害者はがん検診受診率が低く、その格差是正が課題となっています。どのようにすれば、精神障害者にもがん検診を受けてもらえるか、勧奨法を開発し、効果検証を進めてきた一連の研究をご紹介します。

 

セミナーの録画公開について

行動科学セミナーでは、講師の許諾が得られた講演について、参加申込みをされた方に限りご視聴いただける形式で録画公開を予定しております。詳細については決まり次第お知らせいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

主催

国立がん研究センター がん対策研究所 支持・サバイバーシップ研究グループ

早稲田大学人間科学学術院

共催

J-SUPPORT(日本がん支持療法研究グループ)

N-EQUITY(健康格差是正のための実装科学ナショナルセンターコンソーシアム)

RADISH(保健医療福祉における普及と実装科学研究会: D&I科学研究会)

 

◆行動科学・実装科学セミナーの内容および今後の開催予定について

次回以降の開催予定は、当ホームページ上で改めてご案内いたします。

添付ファイル